HOME > 校長室より > 校長あいさつ

校長室より

校長あいさつ
2018年04月02日

ようこそ庄内中学校ホームページへ!

「予測困難な時代をたくましく生きる若者に」

校長 二宮 保秀 

 庄内中学校では、いつも生徒の明るいあいさつが飛び交います。また、生徒会を中心に、空き缶・ゴミ拾い、駅の清掃、ペットボトルのキャップ集めなど、ボランティア活動を盛んに行っています。素直で明るく、前向きに頑張る生徒たちです。また、この子どもたちの成長をご支援いただいている保護者、地域の方々は、心強い学校のパートナーです。本当に感謝しています。

 さて、未曾有の震災を体験した私たちは、今後も予測困難な時代を生き抜いていかなければなりません。若者にとって将来像を描きにくく、先行き不透明な世の中ですが、そんな時代だからこそ、人間らしい感性を持ち、自ら課題を発見し主体的に学びながら、異なる価値を受けとめ、他者との協働によって新しい価値を創造していくたくましい子どもたちを育てなければなりません。

 由布市では、市唯一の県立高等学校、由布高等学校との連携型中高一貫教育の取組があります。加えて、幼保・小・中・高までの連携も視野に入れ、学びの連続性を意識した取組をすすめています。これに、地域の力が加わって、「社会で生きて働く基礎・基本」をしっかり学ぶための体制が整いつつあります。地域の宝である子どもたちが、未来に羽ばたけるよう、学校もしっかりとその役目を果たしていかなければならないと考えております。

ご支援・ご協力のほど、よろしくお願いします。

DSC_6210_2.jpg