HOME > 校長室より > 中高一貫

校長室より

中高一貫
2012年01月24日

 24日、雪が舞う風の冷たい朝でした。国道を県立由布高等学校(野球部?)の生徒がゴミ拾いをしていました。その顔は、皆ハツラツとしていて、いやな顔をしている生徒は一人もいませんでした。たとえ甲子園で優勝しなかったとしても「人の為・地域の為」に働ける素晴らしい教育をしてくれているなと感じました。

 現在、市内中学校と由布高等学校の生徒会は、一緒にボランティア活動を行っています。これからも中学校と高等学校が良き姿でつながっていけたらと思っています。そして、由布市の素晴らしき人材として育ってくれることを楽しみにしています。