HOME > 学校からのお知らせ > 二十五歳の自分からの手紙

学校からのお知らせ

二十五歳の自分からの手紙
2018年02月23日

2月23日(金)宇佐市の進路指導部会の授業研究会を本校で行いました。

3年部の学年主任である中井先生が「二十五歳の自分からの手紙」と題して、十年後の自分から今の自分へ

メッセージを送って、自分自身の未来を見つめようという思いで展開されました。

  

  

  

  

生徒たちからは、「もっと勉強に頑張れ!」「人見知りを克服するように努力を!」「もっと周りの人を大切に

しなさい!」など、今の自分をしっかりと見つめたメッセージがたくさん発表され、より成長して未来に繋げて

いこうという思いが数多く出されるとともに、仲間からは大きな拍手が送られていました。

参観された部会の先生方からは、「とても温かくて良い雰囲気で意見を発表したり聞いたりしていて、凄い良い

クラスなんだなと思いました。」「こんな想いを言い合える生徒たちなら素晴らしい卒業式になるんでしょうね。

見に来たいですね。」と3年生の成長した姿を絶賛していました。

自分の未来はいくらでも変えられます。輝くための努力を重ねてくださいね。