HOME > 学校からのお知らせ > 市総体陸上・相撲

学校からのお知らせ

市総体陸上・相撲
2017年06月21日

6月20日に市総体の陸上競技と相撲競技が行われました。

陸上部の選手とともに、上旬に行われた球技の部で県体出場権を獲得できなかった生徒達が再挑戦をしました。

【陸上】

  

  

今年は院内の平成の森公園グランドが改修のために使用できず、三光総合運動公園で競技が行われました。

市内各中学校から強者が集結する中、宇佐中魂を存分に発揮してくれました。

その結果、男子は2年100m、共通200m、共通400m、共通800m、1年1500m、2年1500m、共通3000m

走り高跳び、走り幅跳び、三段跳び、砲丸投げで15の県体出場権を獲得しました。

女子は1年100m、2年100m、3年100m、1年800m、2年800m、共通1500m、走り幅跳びで9の出場権を

獲得し、男子12人女子5人が7月27日からの見総体に出場することになりました。

【相撲】

  

  

相撲は本年度全国中学生大会が行われる宇佐総合グランドの相撲場で行われました。

本校からは3年生を中心に7名が出場し、闘志溢れる相撲を取りました。その結果、学校対抗戦では見事に準優勝をして

県体への出場を決めました。またオープン競技で参加したチームは優勝も果たしました。

個人戦でも無差別級で4位、55kg以上級と55kg未満級で2位になるなど、宇佐中旋風を巻き起こしてくれました。

県体への出場を決めた陸上と相撲の選手は、宇佐市の代表として出場する重みを意識して、更に練習を重ねてください。

見総体での活躍を期待しています。