HOME > 学校からのお知らせ > 互見週間の取り組み

学校からのお知らせ

互見週間の取り組み
2017年06月14日

本校では教員の授業力向上を図るために毎年、「互見週間」と銘打ってお互いの授業を見合う取り組みをしています。

今年度は14日から22日までに実施をする予定にしています。

その第一弾として社会科の授業を3年生のクラスで行いました。

  

  

 

授業は公民の「人権」を扱う内容でした。

歴史的な経過を振り返りながら、現在の国民生活に関わるものへと発展していきます。

授業改善の柱としては、授業で提示する「課題の質」の向上を考えています。生徒たちが思考を巡らし、

仲間と考えを交流し合いながら学習を進めていけるように、どんな課題を提示して「まとめ」に繋げていくか。

講義形式の教師主導の授業から脱却し、子どもが主体的・対話的で深い学びを進めていけるよう県をあげて取り組んでいる

内容でもあります。

明日は習熟度別指導推進教員公開授業も兼ねて、英語科が授業を行います。

生徒とともに先生たちも進化していきます!