HOME > その他の活動 > 新教科「地球未来」研究開発 2017年度版

その他の活動

新教科「地球未来」研究開発 2017年度版
2011年07月28日

基本、時系列になっています。下にスクロールしていくにしたがって、過去の実践が表示されます。

2017年度「地球未来科」の取り組み

 ブカレスト日本人学校と交流しました(Skype)<<<「地球未来科」 新教科研究開発学校 グローバル教育

2017年12月19日

本日の15:25~院内中学校の1年生が、ルーマニアのブカレスト日本人学校の中学生とSkypeを使って1時間以上に渡って交流しました。

まずは、院内中学校1年生が「院内町」や「学校生活」の紹介をしました。

質問コーナー  ブカレスト日本人学校の生徒からたくさん質問されました。院内中の生徒は、

       少し緊張気味で小声になっていましたが、日本人学校の生徒は、緊張を解きほぐす

       ように笑顔で積極的に質問をしてくれました。

続いて、ブカレスト日本人学校の生徒が、「ルーマニア」の紹介をしてくれました。

質問コーナー 院内中の生徒からブカレスト日本人学校の生徒への質問です。最初は、手を挙げるのを

      迷っていましたが、山田さんが1番手で手を挙げて質問すると、次から次へと質問を

      しました。

ブカレスト日本人学校の生徒のみなさん、ご協力いただいた先生方、大変ありがとうございました。ルーマニアは、テレビや新聞などでも余り、話題にのぼることがない国です。ブカレスト日本人学校のみなさんから、ルーマニアの名所や文化や食べ物、そしてルーマニア語の紹介などをしていただき、1時間余りの交流でしたが、とても楽しく、有意義な時間を過ごせたと思っています。また、機会がありましたらよろしくお願いします。

新教科「地球未来科」プレ発表                                         2017年11月14日

11月14日 午後より地球未来科の研究発表会を行いました。多くの皆様にご来校いただき、研究授業の参観をしていただきました。ありがとうございました。

修学旅行 院内町PRリーフレット配布活動     2017年10月30日 奈良県 奈良公園にて

修学旅行1日目。院内中学校の2年生は、奈良公園で院内町をPRするリーフレット配布&「院内町」の認知調査を行いました。英語での紹介に、悪戦苦闘しながら取り組みました。

互見授業>>>2年生「地球未来科」・・・「インタビュー結果の分析」・ルーブリック 2017年10月17日

本日、5限に2年生で互見授業が行われました。

 互見授業>1年生「地球未来科」・院内町魅力map・ルーブリック・ピラミッドチャート2017年10月13日

10月13日(金)6限に互見授業を行いました。授業は、1年生の地球未来科でした。

 1年生「地球未来科」姫島学習                                      2017年09月22日

9月20日、21日に1年生は、「地球未来科」の学習として、姫島村役場の方から過疎化対策や伝統文化をどのように守り、継承しているかなどの話を伺いました。その後、7つの火山からなる神秘の島”姫島”のジオパーク巡りをしました。姫島のジオパークは、4年前に、日本ジオパーク協会から「おおいた姫島ジオパーク」として認定を受け、専門員もいます。今回のジオパーク巡りでは、姫島村の藤本昭夫村長をはじめ、教育委員会の全面協力もあって一日とても楽しく、有意義なものとなりました。姫島村の皆様ありがとうございました。

フェリーで姫島に到着しました。

ジオパークの拠点「天一根」での展示見学です。・・・・・拠点の名前は、「古事記」からの引用です

地球未来科としての「姫島学習」ですので、地域振興の取り組み、人口減少対策等について村役場の担当の方に質問しました。↓↓↓

ここは、観音崎です。黒曜石がたくさんあります。かつては、この黒曜石は、やじりなどの石器の材料となっていました。今は、天然記念物です。

姫島灯台・・・・稲積山山頂にあります。

5時間余りに渡っての「姫島学習」でした。

 

新教科「地球未来科」FW APU校外学習    2017年09月13日

本日、2年生は、地球未来科の学習で、APU(立命館アジア太平洋大学)を訪問しました。

目的は、地球未来科の学習の一環として、院内町をアピールするために作成したリーフレットをAPUの学生にみてもらい、アドバイスをもらうことです。その時、いただいたアドバイスを元にリーフレットを改訂します。そして、10月末に行く修学旅行で、関西地域でリーフレットの配布活動を行い、院内町のアピールをします。新教科「地球未来科」は2030年代の教科化をめざして取り組んでいますが、地域学習がベースとなっています。その中で見いだされた課題が、地域の急激な人口減。それは、産業振興、地域医療をはじめ多岐に課題がありますが、院内中学校では、生徒がこの課題と等身大で向き合える対応を各学年で考え取り組んでいます。2年生のAPU訪問は、その学習プログラムの一環です。

インタビュー:リーフレットについて英語で説明、質問などをしながら、よりよいものにするためのアドバイスをもらいます。↓↓

 8月3日 1年「院内町FW」本日午後、1年生は、班単位で地域学習に出かけました。

院内マチピチュ・東椎屋の滝・龍岩寺

鳥居橋・小坂不動産

かつて石橋の貴婦人として紹介された「鳥居橋」、そしてその近くにある小坂不動尊を訪れました。

岳切渓谷・大飛びの滝

溶岩が冷て固まった一枚岩の川床です。全長約2kmあります。末端は大飛びの滝があります。

7月24日  石橋守り隊始動

夏休みに入って間もない7月24日に、1年生は石橋やそれにつづく周辺環境の整備に取り組みました。

普段、自転車などで通る道ですが、ゴミ拾いに出かけると、多くのゴミに気づきました。また、駐車場にはタバコの吸い殻が多く落ちていて、マナーの悪さに残念な思いでいっぱいになりました。

7月5日 前期校内研究会 2年「ふるさと院内の課題について知ろう」X,Y,Zチャート

思考ツールを使って、地域の困りを分類して、「院内町」の現状を分析する。

3年「町の魅力と課題の再発見」

1年「地域とつながろう」座標軸、マトリックス、ルーブリック評価