HOME > フォトギャラりー > 平和集会

フォトギャラりー

平和集会
2019年09月03日

毎年8月6日の全校登校日に行っている平和集会ですが、今年は台風の接近により登校日を中止したため9月3日に開き、改めて平和の大切さについて考えてみました。

74年前の8月6日、人類史上初の実戦での使用となった原子爆弾が広島市に投下され、多くの犠牲者が出ました。また、宇佐市には海軍航空隊(宇佐空)の基地があり、アメリカ軍から基地やその周辺に激しい爆撃を受けるなど多くの被害がありました。その様なことを踏まえ、各学年ごとに平和について学習したことを発表する平和集会を開き、今一度平和の大切さについて考える機会を持つことができました。

1年生は「ひろしまのエノキ」の群読、2年生は旧安心院町の慰霊碑清掃活動をとおして学んだこと、3年生は核兵器やテロ、地雷など世界の様々な平和の問題について調べたことをまとめて発表しました。

平和集会

生徒会長あいさつ

平和集会

1年生「ひろしまのエノキ」

平和集会

2年生 慰霊碑清掃活動で学んだこと

平和集会

3年生 世界の平和問題

 

平和集会 校長講話

毎年8月6日やその前後の日は登校日になっています。皆さんも知っているとおり74年前の1945年8月6日に広島に原爆が投下された日、アメリカ軍が日本の広島市に対して世界で初めて核兵器「リトルボーイ」を実戦使用した日です。 

この原爆により死亡した人数ははっきりと分かっていませんが、当時の広島市の人口35万人(推定)のうち9万 ~ 16万6千人が被爆から2 ~ 4か月以内に死亡したといいます。8月6日は私が小学生の頃から登校日でした。8時15分にサイレンが鳴り、黙とうをし、原爆で亡くなった方のご冥福を祈り、平和について考える学習をしていました。 

私は、8月6日は全国どこの学校でも登校日だと思っていました。しかし、10年前に茨城県つくば市にある全国の先生方が研修をする施設での研修会に参加したとき、色々な県の先生方に聞いてみると、8月6日が登校日ではない学校があることを知りました。長崎では8月9日が登校日です。長崎に原爆が投下された日です。沖縄では6月23日に戦没者慰霊祭を行うため、地元の会社などはお休みになるそうです。そして、8月15日の終戦の日、東京で戦没者追悼式が行われます。 

宇佐市でも、駅館小学校などでは8月8日が登校日です。1945年8月8日、米軍機による空襲で、航空隊周辺の畑田地区・江須賀地区が大きな被害を受けた日です。 

8月6日は、初めて戦争で原爆が使われた日です。世界で唯一、戦争で核兵器が使われ被爆した国の国民として、私たちはその事実を決して忘れてはなりません。 

先日2年生が、妻垣神社近くの旧安心院町の戦没者慰霊碑(忠魂碑)とその周辺の旧安心院町出身の戦没者の共同墓地の掃除を行い、戦没者の出身や亡くなった日、亡くなった場所を調査してきました。戦争の犠牲となった多くの人にとって、一人一人亡くなった日、亡くなった場所は様々で、それぞれに特別な日があるのです。それぞれの人にとって、特別な日は異なっていても、私たちは戦争を忘れずに次の世代へ語り継ぎ、再び悲惨な戦争が起きないよう、みんなで力を合わせて平和を守っていくことが大切です。