HOME > フォトギャラりー > 1学期終業式

フォトギャラりー

1学期終業式
2019年07月19日

70日間(1年は68日間)の1学期の授業が今日で終わります。普段より時間をかけて丁寧に掃除をした後、終業式を行いました。各学年の代表による1学期を振り返っての意見発表では、学習や部活動をはじめ様々な行事を通して成長した自分自身のこと、今後の課題などを冷静にとらえ、良くまとめられた内容の発表が聞かれました。

終業式後は、県中学校総合体育大会と県吹奏楽コンクールに出場する部活動の激励会を行いました。県レベルの大会では、安心院中の代表ということにとどまらず宇佐市の代表としての自覚を持って試合やコンクールに臨む決意表明がありました。

いよいよ明日から長期の夏休みになります。夏休みは生活の主体となる場が学校から家庭へと移ります。目標を持ち、余暇をうまく活用して計画的で充実した夏休みを過ごすよう期待しています。

終業式

意見発表

終業式

校歌斉唱

終業式

夏休みの生活についての説明

終業式

激励会で決意表明(陸上部)

終業式

通知表渡し

終業式

1学期の成績はどうだったかな?

1学期終業式 校長講話(要旨)

70日間(1年生は68日)の1学期を振り返ってみて、印象に残っていることを話します。入学式、歓迎遠足、体育大会、市総体などたくさんの行事がありました。
 
そんな取組をとおして、1年生は少しずつ中学生らしくなってきました。今週行った研究授業では、それぞれの小学校で取組んだ地球未来科の学習内容を紹介し合うプレゼンテーションで、成長した姿を見ることができました。中学生として部活動のある生活リズムもすっかり身についてきたようです。夏休みにも部活動があります。課題もたくさん出ています。勉強と部活動が両立できるよう頑張りましょう。
 
2年生は先週、妻垣神社に隣接している戦没者慰霊碑の清掃ボランティアに取組んでくれました。昨年3年生が磨き上げていたにもかかわらず、1年もたつとずいぶんコケが生えているものです。暑い中でしたが、2年生がコケを落とす作業に一生懸命に取組んでくれたことに感心しました。はじめの会でお話をしてくれた妻垣神社総代長の矢野省三さんに昨日お会いしました。「毎年、安心院中の生徒が、コケを落とし磨き上げてくれて本当にきれいにしてくれています。お参りに来る人達から、多くの感謝の声があります。」と話してくれました。
また、地球未来科などで修学旅行の準備も始まっています。この取組みを通して2年生が自分のことは自分でできる自立と周囲への気配りができる次の安心院中を背負うリーダーに育ってくれることを期待しています。
 
3年生はこの1学期、安心院中学校の顔として頑張ってくれました。先週町内の19の事業所で職場体験学習を行いました。全ての事業所を回ることはできませんでしたが、訪問した事業所では、「素晴らしい生徒さんですね。」とほめられました。働くことの大変さとともにやりがいを感じたことでしょう。そこでたくさんのことを学んだことだと思います。いよいよ進路について考える時が近付きました。将来どんな仕事に就きたいか、3年後に高校3年生になった時には成人となり選挙権を得る18歳の自分、そして高校を卒業した後の進路、さらには10年後に自分がどこで何をしてるのか、どうすればそれが叶えられるかを調べ、学習に取組み、自分の進路を真剣に考える夏にしましょう。
 
各学級で担任の先生が、通知表に皆さんの1学期を振り返ってよかったこと、頑張ってほしいこと、期待することを書いてくれています。よく読んで充実した夏休みを過ごしください。一回り成長した姿を2学期の始業式でみせてくれることを期待しています。