HOME > 学校からのお知らせ > 夏草の香り

学校からのお知らせ

夏草の香り
2020年07月29日

 梅雨明け宣言はまだですが、朝から真夏の青空が広がっています。気温は午前中から30度を超え、まさに夏本番を迎えています。

 こうなると元気が良くなるのは学校周辺の雑草たちです。臨時休業中に工藤教諭がこまめに刈ってくれていましたが、成長の勢いは止められません。気にはなりながら重い腰が上がらなかった校長を尻目に立ち上がったのは、いつも教育活動を陰から支えてくれている向暁和博教頭と鳥越彩顆公務員です。二人は直射日光が照りつけるのをものともせず、次々に草を刈っては片付けていきました。

 作業終了後、渡り廊下には強い草の香りが漂っていました。ここを通る生徒たちがこの香りで、暑いさなかに草刈りをしてくれた人がいることまで思いをめぐらせることができれば、それはとてもうれしいことです。