HOME > 学校からのお知らせ > 長野県中野市立南宮中学校とのリモート交流

学校からのお知らせ

長野県中野市立南宮中学校とのリモート交流
2020年12月16日

 竹田市では昭和47年から長野県中野市と音楽姉妹都市を結んでおり、以来、音楽を通じた交流を盛んに行なっています。中学生の交流もずっと継続されており今年も実施の予定でしたが、このコロナ禍で中止となってしまいました。ところが、中野市にある中野市立南宮(なんぐう)中学校生徒会の皆さんが、熊本県や大分県を襲った7月の豪雨被害を心配して自分たちで空き缶回収を行い、その収益金を、本来ならば本校が今年の交流校だったことから本校生徒会に義援金として送付していただけることになりました。

 そうした経緯から、南宮中学校の生徒会にお礼を伝え、互いを紹介し合おうと、両校生徒会代表によるリモート交流が12月15日(火)の16時10分からおよそ20分間実施されました。

 まずは南宮中学校側から、学校の概要や義援金を集めるために空き缶回収をしてくれた様子を紹介してくれました。本校からは、義援金へのお礼と動画を交えた学校紹介に加えて、竹田市の特産品などの紹介も行いました。初めての試みとなる生徒会どうしのリモート交流だったため、はじめは両校とも緊張した様子でしたが、しだいに緊張もほぐれてスムーズに交流ができ、互いの様子を知る良い機会になりました。

 改めて南宮中学校の生徒の皆さんに感謝するとともに、お礼を申し上げます。たいへんありがとうございました。そして、今回、南宮中学校のご厚意によっていただいた両校の縁を、今後も大切にしていきたいと考えています。

生徒会代表によるリモート交流 生徒会代表によるリモート交流
南宮中学校生徒会代表との交流の様子です 南宮中学校の説明を身を乗り出して聞いていました