学校からのお知らせ

環境集会
2019年07月04日

環境集会で3年生が「みなまた」について発表しました。

具合の悪い我が子に、体に良いと信じて食べさせ続けた魚に水銀が含まれていたこと。食べてもいないのに、胎児性水俣病として生まれながらに病魔に冒された子ども。その後のいわれのない差別。家族はどれほど苦しんできたのか。

期末PTAでの講演会では、水俣市共同作業所「ほっとはうす」から3名をお迎えして、お話を伺います。

社会福祉法人さかえの杜「ほっとはうす」

 ・ 胎児性水俣病患者などが通う共同作業所で、市民と交流しながら患者の生活のサポートを行っています。

 ・ 水俣病患者が直接子どもたちと接し、水俣病問題に対する啓発を効果的に行っています。