HOME > 学校からのお知らせ > Go for it! (96) ~ 総会でお話ししたこと

学校からのお知らせ

Go for it! (96) ~ 総会でお話ししたこと
2019年04月18日

 ネガティブ(negative)ではあまり幸せにはなりません。反対語はポジティブ(positive)とお思いでしょうが、アファーマティブ(affirmative)という単語があります。ネガティブ「否定的な」の反意語で「肯定的な」という意味です。

 ご馳走を食べて「美味しい」と思うのがアファーマティブ。「なんでこんな美味しいものが久住にないのか」と嘆くのがネガティブ。まずいものを食べて「美味しくないけど栄養になった」と考えるのがポジティブ。

 子どもの教育に良くない影響を与えるのが自虐的な言葉です。「どうせこの服は私に似合わないから」とか、「僕に英語が話せるわけない」、「長い距離走るなんて俺には無理だ」と、やる前から諦めてしまうことです。

 ご家庭で子どもの勉強を見ていただくようにお願いしました。教えられれば教えればよいし、難しければスマホのアプリを活用して一緒に調べるといい。それも難しければ見守るのも効果が上がるとされています。子どもが「学校で習ったのと違う」と言っても、真実は昔から変わらない、「昔はこうだったんや」でなく、「こんなやりかたもあるよ」でよいのです。

 おしゃれも英語も長距離走も、誰もが最初からできたわけではありません。自分の可能性を信じるのは自分自身。自分を見限るのも自分自身。自分にリミットを設けることなく、子どもと向き合ってみてはいかがでしょうか。