HOME > 学校からのお知らせ > Go for it! (124) ~ 英語で弁論

学校からのお知らせ

Go for it! (124) ~ 英語で弁論
2019年09月18日

竹田市英語弁論暗唱大会が本校体育館で開催されました。会場校長挨拶で以下のようにスピーチしました。

チャレンジしてみてください。

Good morning, everyone.  How do you feel now?  Are you nervous?  But it's OK. You can do it because I know you have been making a great effort untill today, untill a few minutes ago.

Now, congratulations on your participation of this challenge, the 51st Taketa City J.H.S. English Speech Contest.  You are very lucky because you can speak about your own opinion in your mind in front of the audience, and you can listen to the worries of school life and plans for the future of friends from other junior high school.  The champion of this contest can grab the opportunity to take part in Oita Prefecture Convention which will be held in Oita City next week.  Go for it!

So, I'll tell you about three important points to make speech.

First, the content of the speech should be about your own experience. It's not good to talk about the experience of other people, or about knowledge from internet or books.

Second, good speech influence the other people.  If they want to copy you after listening to your speech, it's a great success.

Third, the atmosphere that you like English is the most important. English lover is catching infectious.

At the end of my speech, I'll tell you one of my favorite heartfelt words.

THE GREATEST PLEASURE IN LIFE is doing what people say you cannot do.

Thank you.

 

みなさん、おはようございます。元気ですか。緊張していますか。でも大丈夫。君達ならできる。なぜかと言うと、みなさんはついさっきまで一生懸命努力を重ねてきたからです。

さて、この挑戦(第51回竹田市中学校英語弁論暗唱大会)への参加、おめでとうございます。みなさんはとてもラッキーです。なぜなら、自分自身の意見を聴衆の前で披露することができ、他校の友達の学校生活の困りや将来のプランを聴くことができるのです。このコンテストの優勝者は大分市で来週開催される県大会に参加することができます。頑張りましょう。

では、スピーチをする時に重要な3つのポイントについてお話しします。

1つ目は、スピーチの内容が自分自身の体験でなくてはならないということです。他人の経験やインターネット、本から得た知識ではよくありません。

2つめは、よいスピーチは他の人々に影響を与えるということです。もし、あなたのスピーチを聴いた後で、人々があなたの真似をしたくなるなら、それは大成功と言えるでしょう。

3つめは、英語が大好きだ、という雰囲気を醸し出すことが最も重要だということです。英語好きが広まっていくのです。

スピーチの最後に、わたしのお気に入りの心にしみる言葉をお教えします。

「人生で最大の喜びは、人々が『あなたには無理だ』ということを成し遂げることです」

ありがとうございました。