HOME > 学校からのお知らせ > 2017年度竹田南部中学校経営方針

学校からのお知らせ

2017年度竹田南部中学校経営方針
2017年04月14日

     2017 (平成29)年度竹田南部中学校経営方針

1.校 訓  「共感 創造」

 相手の気持ちを感じ取ることができたとしても、同じ体験をしていない限り、真の意味で、人の気持ちがわかるとは言えない。本当の共感とは共に通じ合うことで、共感力はコミュニケーション能力を繰り返し鍛えることで得ることができる。

 自分が挑戦する物事の限界を知った時、人は本当の意味で創造的になる。正面に壁が立ちはだかっているゆえに上下左右を見渡し、視野が広がる。この経験を経た人は、本当の意味で創造的になる。

 

2.学校教育目標  「自ら学び、認め合い、心身共に健康な生徒の育成」

〈目指す教師職員像〉

・生徒と共に汗を流す教職員

・わかる楽しい授業を実践する教職員

・自他を敬愛し、組織として協働する教職員

 

〈目指す生徒像〉

・意欲的に学び、教え合うことのできる生徒

・労を厭わず、何事にも前向きに取り組む生徒

・豊かな感性と思いやりを持つ生徒

 

〈目指す学校像〉

・美しい学校

・活気ある学校

・他校に誇れる学校

・地域に愛される学校

 

3.スローガン  「教育の風は南から」

 南生中校訓「自学自修」及び、祖峰中校訓「勇者はおそれる」を引き継ぎ、本校は今年で創立13年目を迎える。創立当時、「新たな校風・伝統を築いていこう」を合言葉に、生徒・教職員・家庭・地域一体となって学校づくりに励んできた。

 目標協働達成チーム会議がスタートする今年度、さらに一歩進んで、確かな学力の定着、基礎体力の向上、互いに尊重し助け合う人間関係づくりを重点に、他に誇れる新風を吹かせる年にしようと考える。

 

4.本年度の重点目標と方策

(1) 「竹田市教育のまちTOP運動〈深化と共有〉」の推進

(2) 協調学習の進化

(3) 体力アップおおいた事業・スクールヘルスアップ事業の推進

(4) 郷土学習の充実

(5) 人間関係づくりの深化

(6) T授業の推進

(7) 開かれた学校づくりの推進

 

5.重点目標に関わる教育活動

知育:確かな学力の定着

・校内研究充実による授業改善・授業力向上

・竹田郷土学の推進・深化

・基本的学習習慣・学習規律の確立

体育:運動の日常化

・基礎体力の向上

・食育推進、アスリート招聘、基礎トレーニングの継続

・困難から逃げない強い心や自立心の育成

徳育:互いに尊重し、助け合う人間関係づくり

・元気あふれる挨拶による自他を尊重する態度の育成

・黙々掃除に取り組み心を磨く

・ノーメディアの取組

全ての生徒の進路保障への支援の充実

・互いを尊重し助け合える考え方や態度の育成

・支援を必要とする生徒への進路・学力保障

・不登校傾向の生徒への支援体制充実

開かれた学校づくりと家庭・地域との連携

・学校からの積極的な情報発信

・学校の教育課題を意識したPTA活動の展開

・地域との連携強化と地域人材の積極的活用

  PDF ⇒ 29南中経営方針.pdf