HOME > フォトギャラリー > 菊作り~今年で26年目

フォトギャラリー

菊作り~今年で26年目
2013年08月27日

 今年は、これまでの用土(赤玉、腐葉土等)を変更し、杉バーク(杉の皮を粉砕したもの)で育てています。杉バークにエコロングトータル(ゆっくりと効く肥料140日間)を混ぜた用土でです。軽くて安いというメリットがありますが、乾燥に弱い(一度乾燥すると水がしみこみにくくなる)という欠点もあります。そこで、水をしみこませる布を底から垂らし、水受けに水をためた栽培に取り組んでいます。(もちろん根腐れを防止するため、水受けに木片で底上げして鉢を置いています)菊の挿し芽は、これまでバーミキュライトで行ってきましたが、これも杉バークに変更しました。

11月3日の観菊会(地域の高齢者の方を招待して鑑賞していただく共に、学習発表や様々な交流を行う)に向けて、7年生から9年生で約200鉢の菊を育てています。

挿し芽をした菊挿し芽の様子

小鉢上げの様子

 

 

 

 

 

 

 

大鉢上げの様子

暑い夏に大きく太く育っています水やりしながらわき芽もつみます