HOME > 学校行事 > 第23回介護ベッド贈呈式・学習発表会

学校行事

第23回介護ベッド贈呈式・学習発表会
2014年02月06日

 2月5日(水)戴星学園児童生徒会が「電動介護ベッド1台」を永松博文豊後高田市長(市社会福祉協議会会長)に贈りました。

この活動は、年間を通して行われているアルミ缶回収活動の益金により、介護ベッドや車いすなど寄贈するものです。

お年寄りや体の不自由な人の役に立つことを目的に行われている地域福祉に貢献するボランティア活動です。

都甲小から戴星学園児童生徒会に引き継がれ、今年で23回目になります。これまでに、車いす43台、介護ベッド8台などが市のお年寄りなどの役に立っています。

 学習発表会では、1~6年生が日頃の学習の成果を発表しました。

◇1年生【なわとびパフォーマンス】

◇2年生【詩と歌とピアニカの演奏】

◇3年生【構成詩「ともだち」】

◇4年生【調べて・見て・聞いて・考えた大分の調査報告】

◇5年生【アルミ缶回収の今までとこれから】

◇6年生【劇「桑野先生を偲ぶ」】

 

目録贈呈の様子 電動介護ベッドの実演
 1年生【なわとびパフォーマンス】  5年生【アルミ缶回収の今までとこれから】