HOME > 学校からのお知らせ > 福祉体験学習

学校からのお知らせ

福祉体験学習
2022年09月15日

 9月8日(木)1年生は、福祉体験学習をしました。

 指導して下さったのは、佐伯市社会福祉協議会上浦支部の方と視覚障がい者の平川 純さん、そして、盲導犬のラルフくんです。

 視覚障がい者に対する理解を深め、自分にできることは何かを考えることで、さまざまな障がいがある人と共に暮らす社会をつくるヒントを見つけることが目的です。

 最初に、平川さんとラルフくんに校内を案内しました。いつも見えているものをあえて言葉にして表現するというのは大変な作業でした。

 そのあと、視覚障がいのある方をサポートするためのたくさんの機器を紹介していただきました。

 どんなに機器が発達しても、障がいのある人が本当に暮らしやすい社会をつくるのは、人と人とのつながりです。相手の気持ちを想像し、相手の求めていることは何なのかを考えながら行動すること。これは、社会に暮らすすべての人にもとめられていることです。これこそ、「相手の立場に立って考えてあげられる思いやりの心」だと思います。

 今回の福祉体験を通して、誰もが暮らしやすい社会をつくるヒントに気づくことができました。

 平川さん、ラルフくん、ありがとうございました。