HOME > 学校からのお知らせ > 総合的な学習の時間 植生・生物

学校からのお知らせ

総合的な学習の時間 植生・生物
2021年09月24日

 9月17日(金)は総合的な学習の時間・植生について、9月24日(金)は生物についての調査をしました。

 17日には樹木医でもある大分県環境アドバイザーの瀬口三樹弘さんを、24日は環境部門技術士の大分県環境アドバイザーの森田祐介さんを講師にお迎えして、専門的なお話をうかがいました。

 植生については、鯛山の周辺に自生している植物の種類や特徴について説明していただきました。鯛山のウバメガシは、樹齢100年から200年と聞き驚きました。

 生物については、1ヶ月前に設置したセンサーカメラを回収するために鯛山に登りました。カメラに何が映っているのか、全員が画面に釘付けになりましたが、残念ながら何も映っていませんでした。

 すぐそばにある鯛山ですが、こうして科学的に調査すると新しい発見がたくさんありました。

 フィールドワークは終わりました。いよいよまとめに入ります。これからが生徒の探求活動になります。どんな方向に発展するのか楽しみです。