HOME > 学校からのお知らせ > 美術鑑賞会

学校からのお知らせ

美術鑑賞会
2021年03月19日

 3月17日(水)美術鑑賞会・講演会が開かれました。

 「しおさいの里」に展示されているオブジェ『華ひらく』の製作にも関わりがある、世界的な洋画家 猪熊弦一郎について学びました。猪熊弦一郎の奥さんの文子さんは佐伯市の出身だったので、猪熊弦一郎も佐伯市で活動していた期間が長くありました。

 この日は、石丸裕子さんと橋﨑一行さん(元地域おこし協力隊)をお招きして、猪熊弦一郎と文子さんの活躍についてお話ししていただきました。

 猪熊弦一郎は、36歳でフランスに渡りピカソなどから影響を受けました。48歳で三越百貨店の包装紙『華ひらく』をデザインしました。

 専門家の方に生で説明をお聞きできたことは、貴重な経験になったと思います。