HOME > 学校からのお知らせ > 「大分県音楽教育研究大会(佐伯大会)」が開催されました。

学校からのお知らせ

「大分県音楽教育研究大会(佐伯大会)」が開催されました。
2016年10月21日

10月21日(金)、「大分県音楽教育研究大会(佐伯大会)」が開催されました。

本校は「歌唱部会」の会場となり、県下より約50名の先生方が来られました。

大谷教諭による提案授業は3年2組で行われました。

教材は文化庁が選定した「日本の歌百選」にも選ばれている『ふるさと』です。

「うさぎおいし かの山~♪」という歌詞が出だしの曲です。

授業は、曲の構成をとらえ、強弱や旋律の動きに着目して、どんな歌い方にするかを考えることにより、

より豊かな表現の工夫をすることを主眼において行われました。(題材名「表現を工夫して、より豊かな響きを味わおう」)

授業終盤、全体練習での生徒たちの歌声を聞き終えた後、

その素晴らしい歌声に、参観されていた先生方から、思わず感動の拍手が沸き起こりました。

 

(1時間の授業の流れ)

既習事項を確認し、今日のめあてを確認する。

  

自分たちの合唱を聴き、今日の課題を見つける。

 

自分の気づきをまとめる

 

意見を交流する

 

意見をまとめる  ・全体で共有する

 

 

パート練習をする。課題を意識して練習する。

 

 

全体練習をする。 Bの部分を意識して、歌い方に工夫をして歌う。

 

 

今日の振り返りをし、次時の予告をする。