HOME > 学校の様子 > 「平和を願う集会」開催~ヒロシマから学ぶ~

学校の様子

「平和を願う集会」開催~ヒロシマから学ぶ~
2014年08月06日
平和集会12.jpg

8月6日、69回目のヒロシマに原爆の日を迎えました。耶馬溪中学校では、「平和を願う集会」などが行われました。①ヒロシマの平和記念式典をテレビで見る ②生徒みんなで黙祷をする ③ヒロシマ平和宣言を聞く ④朗読劇を見る などの取り組みを行いました。

朗読劇では「アイメイト中津きさらぎ会・音訳部」の方たちが来校していただき、「ヒロシマ」についての朗読劇が行われました。朗読を聞く中で「平和文化を大切にする」イメージが湧いてくることを生徒たちに願いました。朗読劇を鑑賞して「戦争の恐ろしさを知り、平和で暮らすことがどれだけ幸せなことだろうと思います。」と生徒会長からの言葉がありました。生徒たちの心の中に澄んだ声で平和を訴える言葉が入ってきたようです。

ヒロシマから世界の平和へと目を向けて創られている「耶馬溪中学校平和宣言」が生徒会役員によって読まれ、半日の「平和を願う集会」が終わりました。戦争、平和について考えることができました。

平和集会1.jpg