HOME > 学校の様子 > 「家族のきずな」エッセイについて

学校の様子

「家族のきずな」エッセイについて
2019年11月29日

 11月24日(日)に、中津市モラロジー事務所による「家族のきずな」エッセイ表彰式が「廣池千九郎記念館」

で行われました。

 「家族のきずなエッセイ」とは、中津市事務所を通じて募集されるもので、主に小・中学生が応募しています。

中津市では、本年度24校1400点以上の作品が寄せられました。

 子どもたちが「家族のきずな」について考えることで、両親や兄弟、祖父母、祖先に心を向ける機会を提供し、

感謝の心をはぐくむと共に、自己の存在について考え、認めること(アイデンティティの確立)をねらいとして

行われている取組です。【参考:モラロジー研究所ホームページ】

 本校から、優秀賞2点と入選2点のうち、優秀賞を受賞した「藤原洸太郎さん」とお母さんが表彰式に参加しま

したので、その様子を掲載します。

賞状を授与される藤原くん

受賞者全員での集合写真

集合写真の拡大

 また、本校で入選者2名の表彰を行いました。

入選 3年生:中尾晋呉くん

入選 3年生:新田音花さん

 優秀賞として、3年生の「相良理子さん」も受賞しておりますので、紹介します。

 受賞されたみなさん、おめでとうございます!