HOME > 校長室より > 寒波の影響による対応について(お知らせ)

校長室より

寒波の影響による対応について(お知らせ)
2016年01月22日
(公印省略)                            
                                                                                                     2016年1月22日
保護者の皆様 
                                                                                                             中津市立耶馬溪中学校
                                                                                                                      校 長 久 恒 和 孝
                       
                                                     寒波の影響による対応について(お知らせ)
  厳冬の候、保護者の皆様にはますますご健勝のこととお慶び申し上げます。また、日頃より、本校の教育活動にご理解・ご協力をいただき、誠にありがとうございます。
 3学期が始まって2週間が過ぎました。生徒たちは年頭所感で述べた各自の目標の達成に向け、目の前の諸活動に一生懸命取り組んでいます。生徒たちの目標が達成できるよう私たち教職員も一丸となって一人一人の支援をしていきたいと考えていますので、これまで同様のご協力をよろしくお願いします。
  天気予報によると、明日以降約40年ぶりの大寒波襲来による降積雪が予想されますので、本日、下記の内容の指導を帰りの学活の中で全学年行いました。各家庭においても、お子さんに下記内容で再度指導をして下さい。 
 尚、月曜日寒波のため、休校や登校時刻を遅らせる場合は朝6時に連絡網や絆メール、ホームページでお知らせしますので、保護者の皆様のご理解とご協力をよろしくお願いします。
                                                                      記             
【土・日の過ごし方】
1 不必要な外出を避ける。
2 天気予報などの情報を常に得る。
3 命を守る行動を取る。
【登下校時の安全確保に向けた指導内容】
1 転倒防止について
(1)手に物を持たない。
(2)ポケットに手を入れない。
(3)転んでも怪我をしないよう服装を整える。
  ①帽子をかぶる(あれば) ②手袋をつける ③底面の溝が深い靴を履く(長靴も適して  いる)
(4)滑りやすい場所を避ける。
  ①歩道の白線部分 ②建物の出入口にあるタイル ③マンホールの蓋や工事の鉄板の上 
  ②雪が踏み固められているところ
(5)急がず小さな歩幅で歩く。
(6)積雪した路面では重心をやや前にして足の裏全体をつけて歩く。
2 自転車について
(1)積雪した路面、凍結した道路では自転車に絶対乗らない。
3 その他
(1)車道を歩かない・・・わだちを歩くと交通事故の危険が増す。
(2)周囲に注意する・・・車がスリップするなど予想外の動きをする。軒先を歩くと、屋根から雪やつららなどが落ちてくる。積雪により、木の枝が折れたり、電線が切れたりする。