HOME > 校長室より > 正解は君たちの中...

校長室より

正解は君たちの中...
2021年05月20日
【 「正解」 RADWIMPS 】
.
  昨年度の卒業式で3年生が合唱曲として選び、新たなスタートを切る「想い」を込めて歌い上げてくれたのが、
.  
 「RADWIMPS」の「正解」です。
.
  この曲は、毎回1組のアーティストと事前選考を通過した1000人の18歳世代が1回限りのパフォーマンスを
.
 行うイベント「18祭」で、2018年に歌われた(放送:NHK総合)楽曲です。
.
 歌詞には「これまで答えがある問いばかりを教わってきたけど、これからは自分だけの正解を探しに行く。」
.
との決意が込められています。
.
  答えにたどり着くまでの制限時間や解答用紙、そして採点基準もなく、全て「これからのあなたの人生」が答えになる
.
 ことが強調されたいます。
.
  つまり、「人生に決められた正解はない。」ということだと思います。

.

 これから先の社会は、いえ、すでに始まっているかもしれませんが、「正解」のない時代といわれています。

見方や考え方によって変わるのだということだと思います。

 本校の体育大会は、9月に延期することとなりました。

 生徒が決定したわけでも、決定できることでもありません。しかし、私は生徒(特に3年生)に次のように問いました。

「今回のこと(体育大会の延期)を「正解」とすることができるのは誰ですか?」と。

 白軍団長の熊本くんは、「自分たちです。」と答えてくれました。

 耶馬溪中学校の生徒は、立派に成長していることを確認できた「瞬間」として、私の心にずっと残ることと思います。

 … あ・り・が・と・ご・ざ・い・ま・す ! 

生徒会執行部が確認してきた 1年生の「(体育大会の取り組み)振り返りシート」