HOME > 校長室より > 修学旅行について

校長室より

修学旅行について
2020年11月05日

 本校では、10月26日~27日に修学旅行に出かけました。

 両日ともよい天気に恵まれ、生徒の成長と2年部職員と生徒との信頼関係の深さを感じることができる行事となりました。

 ご家庭でも修学旅行での出来事について話が弾んだ?のではないでしょうか。

 さて、本校の見学場所で他校とは全く異なる場所がありました。それは「昭和電工ドーム・武道スポーツセンター」です。

ご存じのとおり、共に大規模なスポーツイベントが開催できるスポーツ施設ですが、同時に大規模災害発生時の

防災拠点としての位置づけも見逃せません。

 耶馬溪はこれまでに、洪水や崖崩れなどの災害を経験しています。防災についての意識が高い地域であり、生徒も防災

・減災に対する関心が自ずと高くなっています。県全体の防災に対する想定が、東日本大震災を契機に大きく前進しており、

その規模の大きさに驚いた生徒もいたことと思います。

 今回の見学をきっかけに、身近な防災・減災にも更に目を向けてくれることを期待しています。

秦部長に丁寧に説明していただきました。 選手ロッカールームです。    高さ57.46mのドーム!
貴賓室です。 ラグビーワールドカップの展示です。    この写真に校長が写っていました。
県産の木がふんだんに使用されています。 鏝絵です。    どの競技かわかりますか?
竹もふんだんに利用されています。 柔道場です。    避難通路も見学できました。