HOME > 校長室より > 社会とのつながりを意識する!

校長室より

社会とのつながりを意識する!
2020年10月21日

 先日、数学の授業を見ていると、関数を扱っていた。

【関数とは…?】

 数の集合に値をとる写像の一種である。

 大人が読んでも意味が読み取りにくい。

 そのため、この授業では「自動販売機」と「ガチャガチャ」を例にして関数を捉えさせようとしていた。

 つまり、子どもたちが実際に使ったことがあると思われるもの、社会と繋がっている事柄から思考させて理解させようと

しているのである。(面白い…!)

 そして、「自動販売機は『一定のボタンを押す⇒決まった商品が出てくる』点で便利なものであり、ガチャガチャは

『レバーを回転させる⇒不確定の商品が出てくる』点でワクワクするものである。」ことまで捉えさせていた。

 とかく数学での学習は、「社会に出て使うことがほとんどない。」など言われることもあるが、実は世の中には

「数学的な見方、考え方」で捉えると興味深いことも多い。そのことをこの授業では実践していた。

 ※ ICTを活用しながら、生徒に主体的に考えさせ、交流を通して考えを広げさせたり、深めさせたりしていた授業であった。