HOME > 校長室より > 中津市新人大会において

校長室より

中津市新人大会において
2020年10月05日

 10月2・3日に中津市新人大会が行われました。天候にも恵まれ、予定どおりに競技が行われました。

私は、ソフトテニス競技女子の会場責任者として、2日間大会運営に携わりました。

両日ともに開始式と閉会式がありましたので、短い挨拶を行いました。

 1日目開始式では、

明るく元気に競技して欲しいと挨拶しました。

 

 終了の講評では、

精神的に3つの様相が見て取れました。どのような様相(状況)でも対応することが大切で、

それが成長に繋がることを伝えました。

 2日目の開始式では、

1日目の講評を受けて、「精神的な持久力」を伸ばす、あるいは途切れさせないように競技するよう

にお願いしました。

 そして、講評では、

持っている力や目指す成果によってやらなければならないことが異なることを強調しました。

そして、今回の大会で学んだことを、書いておくことがとても大切であることを訴えました。

 私も長年、部活動の指導をしてきましたし、授業を通して子どもたちを成長させる取り組みを続けてきました。

部活の競技は違えど、授業とは内容が違うものの共通項が多いことは経験上わかっているつもりです。

 私はいつも、子どもたちに少しでも視点(見方、考え方)を伝えることができればと願って挨拶をしています。

果たしてどのくらいの選手に届いたでしょうか…?

団体戦 個人戦

 部活動で大会に参加することは、貴重な学ぶチャンスなのですから、選手には1回、1回を、1試合、1試合を

大切にしていって欲しいと思います。