HOME > 校長室より > 思考軸

校長室より

思考軸
2020年08月07日

 APUの学長で、元ライフネット生命社長である「出口治明」氏の著書をオーディオブックにて

聞かせていただいた。

 内容を簡単にお伝えするならば…

 思考軸の縦は「歴史」、横は「世界(地理)」である。世の中の出来事などを捉えるには、この

思考軸が重要である。

 歴史は繰り返すと言われるとおり、同じような構造で起こることはたくさんある。例えば「戦争」。

 世界の多くの国で、日本で問題となっている状況はたくさんあり、解決しつつある国も多い。例えば「少子化」

 話はとんでしまうが、昨日の広島市長の宣言文には、この思考軸で捉えた内容が含まれていた。

 新型コロナウイルスとの戦いは、スペイン風邪の流行を例にして…。など

 日本の核兵器廃絶に向けた働きかけについては、核拡散防止条約を巡る各国の立場を例にして…。

そして、自国のことだけでなく、世界が連帯することの重要性を訴えていた。

 子どもたちにも、広い視野や深い思考を身につけさせるためにも、思考軸は参考になる「考え方」ではないかと

思ったしだいである。