HOME > 校長室より > 校内音楽会「校長あいさつ」要旨

校長室より

校内音楽会「校長あいさつ」要旨
2019年11月23日

【お礼】

 本日は、来賓の方々をはじめ、保護者や地域の方々にご来場いただき、感謝申し上げます。

【お見舞いと募金箱設置】

 挨拶に先立ち、先般、日本全国で台風の被害に遭われた方々に、心よりお見舞い申し上げます。

耶馬溪でも、昨年の4月に大規模な土砂災害に遭い、6名という犠牲者が出てしまいました。

そんな中、東日本大震災で被災した、宮城県の岩沼中学校の生徒からお手紙と支援金をいただきました。

支援金をもとに、作成した横幕を本日入り口付近に展示しております。

 その岩沼中学校のある岩沼市が台風19号の被害を受けたという報道を、生徒会執行部が知り、

今回、耶馬溪中学校生徒会でも募金を呼びかけることとしました。出入口のところに募金箱を設定して

おりますので、ご協力をお願いします。

【取組】

 さて、生徒は1ヶ月以上前から音楽会のために練習に励んできました。生徒の他にも、本日は「もみじ園」の方々や

中津東高校の吹奏楽部などにも出演をお願いしています。保護者のみなさんも、合唱の披露をしてくださることになっています。

【決意】

 <10月22日(火) 大分合同新聞1面記事(溪石園)の紹介>

 耶馬溪は、自然豊かな素晴らしいところです。本校の生徒も、耶馬溪を「誇り」に思いながら、本日の発表をいたします。

最後までお楽しみください。