HOME > 校長室より > 深い学び(スポーツフェスティバル編)

校長室より

深い学び(スポーツフェスティバル編)
2019年06月26日

 先日行われた「スポーツフェスティバル」でのことです。

 開会の挨拶で、種目の要領(50m走は55mをゴールラインと思って走る)なども少し説明しながら、

意欲的に活動するように促しました。話の最後に、「ほかの種目でもアドバイスできることがあるので、

聞きたい人は校長先生に聞いてください。」と伝えたところ、ひとりの生徒が体育館で声をかけてきました。

 「シャトルランの記録を伸ばすにはどうすれば良いですか?」

 私は、ポイントを3点に絞って彼に伝えました。

 測定時に彼は見事にその内容を実践し、121回で学年のトップの記録を残しました。

 これは、「知識(アドバイス)と技能(シャトルラン)が相互に関連づけられ(思考)、自分の体を通して

表現されることで、能力を伸ばすことができる。」という現象であり、彼が体験したことは「深い学び」

であったのではないかと…。

 そして、主体的(自分事として)・対話的(他の人との会話を通して)な学びであったのかもしれません。

 彼にとっては「スポーツフェスティバル」での些細なことであったかもしりませんが、私にとっては

大きな意味のある出来事となりました。

 私に質問をして、一生懸命に取り組んでくれた「Y君」。ありがとう!!