HOME > 校長室より > 令和3年度 1学期始業式 式辞要旨

校長室より

令和3年度 1学期始業式 式辞要旨
2021年04月08日

 みなさんの今年度の「目標」は何ですか?

私は、耶馬溪中学校に赴任したときに設定した目標を継続しています。

 ① 読書を継続する:知

 ② 職員トイレを清掃する:徳

 ③ 運動習慣を身につける:体                     …です。

 さて、年度のスタートにあたり、みなさんに二つのことをお願いします。

 ところで、人の悩みのほとんどは、自分の力の及ばないところにあると言われます。

例えば、「明日の天気はどうだろう?」…体育大会の時など、私の悩みでもあるのですが…

と悩んだとしても、自分の力で天気を変えることはできません。

 同様に、人には「影響の輪」があり、輪の外は影響が及ばないのに悩んでしまうことも多いようです。

 では、そのような悩みを解決するにはどうすれば良いでしょうか?

 一つ目は、無視してしまう! 

 もう一つは、自分が影響を及ぼす範囲(影響の輪)を広げていく!      …です。

 耶馬溪中学校では、昨年度に引き続き「ふるさと『耶馬溪』を大切に思う。」をスローガンに

地域に働きかけることができるようにしてもらいたいと考えています。

 つまり、「影響の輪」を、自分や仲間(学校)から家庭や地域(さらには社会全体)に広げて

欲しいということです。このことが、生徒会スローガンでもある「一歩」であり、挑戦することです。

そして、その取組や体験の中に「心の成長(心づくり)」があり、将来を生き抜く力になるのだと思います。

 1年後、それぞれの生徒が自分の成長を確認しながら、卒業式、あるいは修了式を迎えられることを期待して

式辞とします。みなさん、頑張っていきましょう!