HOME > 校長室より > 12月全校集会 校長講話要旨

校長室より

12月全校集会 校長講話要旨
2021年12月06日

 「その勇気 誰かの心 救うかも!」

この人権標語は、本校の卒業生である「奥 あすり」さんの作品です。

 12月4日~10日は人権週間なので、そのことに関する話をします。

 人権は、何によって保障されていますか?

 そうです。日本で言えば、日本国憲法に記されています。日本国憲法は、戦後、アメリカのGHQが草案を作成し、

日本政府と話し合いの後に定められました。その中で、「両性の平等」については、ベアテ・シロタ・ゴードンさんが

大きな役割を果たしました。

 彼女がGHQのスタッフとして来日していなかったら、憲法24条の条文は全く違うものになっていたかもしれないのです。

(中略)

 人権という概念がなくても、自然に他人を尊重し生活できることが一番ではありますが、現実は多様性を認めない問題

やコロナ差別の問題など、多くの課題が私たちに突きつけられています。

 人権週間を契機に、耳にすることや目にすることに心を傾けて、他人を尊重することについて考えて欲しいと思います。 

【関連記事】

 ここをクリック! ⇒ https://www.toben.or.jp/message/libra/pdf/2005_07/libra0507_P24-P25.pdf