HOME > 学校からのお知らせ > 前期生徒会役員の最後のあいさつ運動

学校からのお知らせ

前期生徒会役員の最後のあいさつ運動
2016年11月18日

11月16日(水)は前期生徒会役員によるあいさつ運動が最後の日でした。毎週水曜日、欠かすことなく校舎の玄関のところに立って、あいさつ運動を展開してくれました。道路からは見えませんが、玄関のところで登校してくる生徒たちにあいさつをかわしていきました。地道な活動を自主的に行っていました。

友だちよりも朝早く来て、急いであいさつ運動の立つ位置に行きます。全校の生徒で学校まで一番通学距離が短い生徒でも3~4キロあります。ふだんは、みんなそろって登校するのですが、あいさつ運動をする日は、役員は朝早くやってきます。歩道橋を駆け足でのぼっていく姿を忘れることができません。その姿にいつも学ぶところがありました。

生徒会役員が前期役員から後期役員に入れ替わる中で、最後のあいさつ運動の姿を感慨深く見ていました。生徒会担当の中野先生も一緒に立ちました。生徒が校舎に入ったあとに、最後に、生徒会役員が向かい合って、生徒会長の号令のもとで、

「ありがとうございました。」

という姿にまたまた感動しました。

 3年生の渋谷先生が、

「これから、本当に受験生やのう。」

と、いい雰囲気で声をかけていたのがまたあったかく感じました。生徒会役員として生徒会活動の中心としてこれまでお疲れ様でした。