HOME > 学校からのお知らせ > 平和を願う日~平和のバトンタッチ~

学校からのお知らせ

平和を願う日~平和のバトンタッチ~
2016年08月06日

今日は、8月6日。71年前にヒロシマに原子爆弾が投下されました。言葉や文化を越えて、平和であることを願っています。そして、その願いと実践を今の世代から生徒たちの時代へとバトンタッチしていかなければなりません。

朝、ヒロシマの記念式典の様子をテレビで見ながら、全校で黙祷をしました。ヒロシマの松井市長さんは、今日の平和宣言の中で、何度も、核兵器を「絶対悪」という言葉で表現しました。平和授業を行ったり、全校集会を開き、折り鶴を折るということの価値付けもしました。核兵器のない社会・世界を実現するとともに、平和な世の中を創っていきたいものです。その意味で、充実した平和を願う日になりました。