HOME > 学校からのお知らせ > 横山さんをお招きして~命の授業~

学校からのお知らせ

横山さんをお招きして~命の授業~
2016年07月13日

中津市民病院助産師の方をお招きして「命の授業」を実施しました。助産師の横山さんは、昨年に続いての講師です。生徒たちがわかりやすく理解するためにいろいろ準備をしてくれていました。感謝しています。

横山さんの助産師としての立場から話を聞いて「生命の尊重」を伝える授業です。相手に寄り添うことは、「相手の気持ちを察することができる」ことだというところから話は入っていきました。今言っている言葉は、「どんな気持ちなのかなあ。」と相手の希望や不安を感じてみるのも、相手の気持ちを考えることにつながります。

「命を大切にする」=「自分を大切にすること」 自分自身のよいところも悪いところも自分の中で認める事が大切であることを具体的に話をしてくれました。看護師として、どんなに忙しくても患者さんの前では笑顔をわすれないこと・・・を心がけているということですが、それができたときに、自分で認め、ほめる・・・自己肯定感の大切さを生徒に話してくれました。

授業の終わりには、赤ちゃんの重さの人形をみんなで抱いてみました。助産師の立場から、「命」について生徒にアプローチしてくれました。横山さんの人柄の優しさそして笑顔で生徒たちと関わりをもっていただきました。とても有意義で生徒も優しくそして「命」のことをしっかり見つめることができた1時間でした。