HOME > 学校からのお知らせ > 実践的な火災避難訓練~真剣に~

学校からのお知らせ

実践的な火災避難訓練~真剣に~
2015年10月19日

10月16日(金曜日)の6時間目に「火災」による避難訓練を中津消防署耶馬溪分署の方が講師として来校してくれる中で実施しました。今までは、学校の中だけでの訓練でしたが、実際に消防署員の方が指導してくれると、訓練も実践的になります。

まずは、「火事です。家庭科室付近から火災が発生しました。」と同時に、実際に消防署に電話をします。教頭先生が、119番に電話をして「北校舎家庭科室付近から火災が発生しました。」と報告。消防署に火災の詳細を報告します。「けが人は?」など実際の火事の電話と同じ内容を質問されます。

先生方も役割のところに行きます。生徒を安全に誘導する先生、出火場所に行き、職員室から出てから消火器をとり、初期消火に当たる先生など、生徒を守るための役割をしっかりと認識していきます。学校の教職員、生徒だけでの訓練ではなく、消防署の方を入れると、私たち、教職員が「生徒の命を守る」ためのしなければならないことを改めて気づかされました。消防署の方々には、本当にお世話になりました。そして避難のための「学び」がたくさんできました。