HOME > 学校からのお知らせ > 令和元年度が終了しました...

学校からのお知らせ

令和元年度が終了しました...
2020年03月26日

 本校では、本日 登校日を設定して修了証を渡しました。

 生徒は、久しぶりに仲間に会うことができて、とても嬉しそうでした。

教室の外には満開の桜が…。

 学年ごとに年度の終わりの校長あいさつを行い、代表者に修了書を手渡しました。

 あいさつの要旨を掲載しますので,ご覧ください!

 3月2日から臨時休業が続き、これまでにない状況が学校でも起こりました。最近のニュースで多く報道されていたり、教育関係の会議であいさつされていたりする、「想定外」とか、「予測不能」とかいう言葉で表される事態かもしれません。

 先日、学校で起こったことも、その中のひとつかもしれません。それは「3年生とのお別れ会」です。

 例年であれば、在校生との「お別れ(お祝い)」については、卒業式において盛大に行っておりましたが、在校生の参加がかないませんでしたね。そのため、2月28日の5時間目に、急きょ「お別れの会」を開催しました。当然ですが、卒業式ほどの完成度はありませんでしたが、双方(卒業生と在校生)ともに心のこもった交流ができました。

 このようなところに「みなさん」の「生きる力」、つまり、「予測できない状況に対して素早く対応し、仲間と協力して事を成し遂げる力」が現れたのではないかと思っています。

 この力は、物事に対して当事者として(主体的に)臨むことから養われるものです。来年度もみなさんの主体的な取り組みに期待します。

年度終わりのあいさつ

2年生に修了証を渡しています

窓の外は満開の桜です

受験生となった2年生に課題点検

校庭の桜です

来年度に向け心の準備をしましょう

 1年間、保護者のみなさん、地域の方々には大変お世話になりました。

 今後とも,耶馬溪中学校をよろしくお願いいたします。