HOME > 学校の様子 > ちょっといい話

学校の様子

ちょっといい話
2020年01月24日

 1月23日(木)16時過ぎ、大悟法のいつもの道を下校途中の用松聖登くん(2の1)、前方に犬を連れてフラフラと歩くおばあさんが目に入りました。「何だか危ないなぁ」と思っていると、おばあさんはパタリと倒れてしまいました。これはたいへんと駆け寄り、続いて松永立毅くん(2の3)、岩男凌介くん(2の1)も一緒になって、肩を抱えて助け起こしました。幸いにも鼻血は出ていたものの、おばあさんは特に大きなケガもなく大丈夫な様子でした。そばで小学生の男の子も心配しておばあさんの連れた犬のリードを持っていてくれたそうです。三人はそのままおばあさんをお家まで送り届けました。

 自分たちが生活する中でいつどこでどんなことが起こるかわかりません。自分が困った状況になることもあるし、自分以外の人にたいへんなことが起こることもあるかもしれません。とっさのときにためらわずに正しい行動ができたり、困っている人に手をさしのべられる人でありたいものです。

 地域の方からの情報をいただきました。朝からとても気持ちいいお話でした。