HOME > 学校の様子 > 私はジョセフ アフリカから来ました。

学校の様子

私はジョセフ アフリカから来ました。
2019年12月20日

国際理解、異文化交流でジョセフ氏が本校に訪れ、1年生と交流しました。
ジョセフさんはジンバブエ出身で南アフリカでビーズアーティストとして活躍されています。ジョセフさんの弟子である大阪の北窓さんが同行し、生徒たちにアフリカの文化とビーズアートやリサイクルアートを紹介してくれました。

 
興味津々 長時間でしたがよく聞いていました。        北窓さんと中原Tがお友達で その関係で来校となりました。

 
これがビーズアート リアルなアニマルです。 よくできています。  コーラの缶やリングプルでできたリサイクルアート

 
ジョセフさんは12の言語ができます。北窓さんが通訳してくれました。ジンバブエが出身

 
たくさんの画像をみせてくれました。

 
休憩時間に生徒が集まりました。気さくに握手に対応してくれました。

 
作品の前に集まる

 
作品はアフリカの観光資源としてお土産で売っているそうです。欲しい人はアフリカへ? 大阪で

 
ジョセフさんのfamily                    王冠とワイヤーで作ったラジオ

 
ワイヤーと壊れたプレーヤーのモーターで作ったヘリコプター  質問「作品を作るのにどのくらいの期間かかりますか?」


代表からお礼の言葉

「捨てるものは何もないよ。何でも作品になるんだ。アフリカでは誰かが捨てたら、誰かがそれを活用するんだ。」
「刺身?う~ん あまり・・・・。納豆?これはダメ!」「モパネワーム ガの幼虫 これはおいしい。」

作品の素晴らしさに、文化の違いに、生徒たちを惹きつけました。

 

wata