HOME > 学校の様子 > ちょっといい話

学校の様子

ちょっといい話
2019年11月20日

「道を3列で歩いて迷惑です。しっかり指導をして下さい。」「はい たいへん申し訳ありません。生徒にしっかり注意をします。ご迷惑をおかけしました。」地域の方からお叱りの電話があります。

でも、いいことで連絡をいただくこともあります。緑中生のいい情報を聞くとうれしいですね。

その1

 11月19日(火)昨日の話、上野真拓くん(3-4)、竹本光輝くん(3-4)、榎本真大くん(3-5)の3人が帰宅途中に携帯電話を拾いました。開けてみると電源が入り、落とし物とすぐに気がつきました。その電話から連絡がつき、無事持ち主に届けることができました。落とした人は「助かったー。ありがとうございました。」と感謝しきりだったとのこと。

                               

その2

 10月11日、佐藤舜晟くん(3-1)が帰宅途中に小学生の上靴を拾いました。大幡小学校○○○○と名前を書いていたので、そのまま小学校に届けてくれました。「緑中の3年の佐藤くんが・・・・・」とお礼の電話が学校にありました。

 拾得物を拾ったときに、落とした人の気持ちを考えられるところが素晴らしいですね。こんなちいさな親切が相手にとってはありがたいものです。