HOME > 学校の様子 > 台覧記念相撲&人権講演会

学校の様子

台覧記念相撲&人権講演会
2019年10月18日

台覧記念相撲大会

 あいにくの雨の中、豊陽公園相撲場で第97回台覧記念相撲大会がありました。本校から3チーム13人が出場しました。

団体戦は、Aチーム(前田英龍、髙倉左京、野島大陽)が優勝しました。決勝の宇佐西部中戦では1:1の大将戦で野島君が出し投げで勝利しました。個人戦では、優勝に前田英龍、準優勝に野島大陽、ベスト8に植山孔希が入賞しました。

 

 

 

 

 

人権講演会  あーよかった あなたがいて ~優しさという貯金~      仲島正教氏 

1時間30分の講演があっという間に過ぎました。
関西弁に、巧みな話術に、そして教師としての経験から、生徒たちも教師たちも引き込まれていきました。

 
ジャケットの裏側は阪神のユニフォームでした。         その熱い語り口、ドラマを見ているようでした。

 
「拍手を三回!」パンパンパン                「すごいなぁ緑中の生徒はごっつノリがエエなぁ」仲島氏

 
みんな本当によく聴いていました。1時間半持つかなぁと心配でしたが・・・。 「関西弁でめちゃオモロかった!」生徒談

 
子どもにとって大事なのは「過去」ちゃうでー「未来」や!   「つながりと感動」から優しい子が生まれるんや。

 
「勝った姿」じゃなくて「頑張ってる姿」がすきやねん!     「できるかできないか」ちゃうぞー「するかしないかや!」

 
各学年から感想とお礼の言葉を言いました。3年生森元君は「受験生として壁の向こうにある扉を開いて夢をつかみます!」