HOME > 学校の様子 > ちょっといい話

学校の様子

ちょっといい話
2019年05月23日

その①

 先日、家庭訪問期間のこと。3年生の村上華さんと前田魁都さんが帰宅途中で財布を拾って学校まで届けてくれました。中身を見ると何と2万円を超す大金が・・・。カードから本校の卒業生のものとすぐに判明し、無事持ち主に渡すことができました。「落としてしまってがっかりしたところに、学校から電話をもらって本当にうれしかったです。本当にありがとうございました。緑中生は素晴らしい。」と、とても感謝していました。

                        

その②

 5月20日の登校時、薦神社の前のファミリーマート付近での出来事。大幡小学校の1年生が転んで頭を打って泣いていました。小学校の先生が駆けつけて介抱していたところに通りかかったのが3年生のN.Mさん。「私に何かできることはありませんか?」と声をかけてくれたそうです。小学校の先生はN.Mさんのその優しい態度にとても感激して「こんな素晴らしい生徒がいますよ」と学校に知らせてくれました。

                          

緑中生の小さな優しさに心があたたかくなります。