HOME > 学校の様子 > 当たり前のこと いやいや素晴らしいことです

学校の様子

当たり前のこと いやいや素晴らしいことです
2018年08月30日

 朝、学校にうれしい電話がかかってきました。

「家内が熱中症で倒れたところを緑中の生徒さんに助けていただいた。2年生の末廣さんです。たいへんありがとうございました。・・・・・」と御礼の電話でした。

 2年生の末廣美空さんとわかりました。
昨日、帰宅途中にみらい信金の道を通っていたら、前からふらふらと歩いてきたおばあさんがバタリと倒れてしまった。すぐに熱中症だと思って、日陰に連れて行き、信金の職員の方に協力をお願いして救急車を呼んでもらいました。すぐに中津脳神経外科に搬送され事なきを得たそうです。

いつ、だれが、どのようにして、そんな場面に出くわすかわかりません。そんなときに冷静に正しい対処が求められます。
基本的な心得として、一人では対処しないこと、すぐに救急車を要請連絡、人命を救う勇気をもつなどがあげられます。人として誰もが知っておかなければならない、できなければならないことです。

つい先日も2年生の女子が同じ対処ができました。冷静な対処に拍手です。

※倒れる前にもおばあさんに「大丈夫ですか?」と声をかけてくれた男子生徒がいたそうです。そのときは「大丈夫ですよ」とおばあさんはまだ答えられたそうです。その男子生徒に対しても電話をくれたおじいさんはとても感謝していました。

今年の夏は異常な暑さが続きます。皆さんも熱中症に気をつけましょう。

      

ma