HOME > 学校の様子 > 第69回卒業証書授与式+α

学校の様子

第69回卒業証書授与式+α
2018年03月02日

お別れの日がやってきました。
少し冷えましたが、さわやかな陽光輝くすがすがしい門出となりました。

  
剣道部が早く来て体育館入り口付近を掃除してくれました。吹奏楽部も7時過ぎから練習していました。鶴成K最終点検に走る。


5組から入場 日名子T      4組 梶原T     3組 船蔵T        2組 磯辺T       1組 市川T

 
担任の呼名にしっかりと返事をして一人ずつ立ち上がりました。  胸を張って凜々しく前を向いて

 
クラスを代表して卒業証書を受け取ります。         花粉症でしょうか? 久保崎学年主任はずっと泣いていました。

 
立ち上がる一人ひとりに全員が注目。                 「おめでとう」の心を込めて

   
「立派な3年間でした。」と思いを込めて          

  
「すてきな3年生でした。」と感謝を込めて          「これからも頑張れよ。」と期待を込めて

    
校長式辞「お天道様は見ています」  粟田教育次長「パシュートの金メダルは」角P会長「過去は視線の前方、未来は頭の後方」

 
    代表に卒業の祝品を授与               卒業記念品目録贈呈 記念品はテントと会議用テーブルです。

 
在校生を代表して和田生徒会長の送辞              後輩たちの思いをかみしめながら・・・

 
卒業生を代表して小林元生徒会長が答辞             卒業生全員で最後の合唱です。

 
卒業生合唱 「名付けられた葉」「群青」             想いのこもった歌声にほろっときました。

 
スマホにビデオカメラ・・・ここは押さえておかねば!     「旅立ちの日に」は全校で合唱     

 
指揮者も全員の歌声に感無量のようでした。          吹奏楽部の伴奏で校歌をみんなで歌って、退場となりました。

  
卒業生はもちろんですが、1,2年生の態度も素晴らしかった。  中学生らしいさわやかな感動の卒業式でした。ありがとう。

 
壁画は美術部が原画を 70万マスを全校で色塗りしました。  お世話になった地域の方や学校関係、異動された先生方から

さて、教室に戻って

 
4組 梶原Tは昨日8時まで黒板に落書きをしてたそうです。   5組 担任から卒業証書が手渡されます。

 
1組 卒業証書を渡したあとお説教でしょうか???    2組 どう見てもいつもの雰囲気 お説教にしか見えませんが?
いやいや いい話をしているのだと思います。

 
5組では何かしら生徒が企画していたようで・・・      3組 お~い誰だよ 泣かしちゃった。 あっ みんなか!仕方ない

 
2組担任磯辺T 熱く?語る                   一人ずつメッセージを準備していました。

 
撮り貯めた写真で振り返りました。              4組梶原T 連日遅くまで作製してました。

 
画像でよみがえる過去の思い出・・・            5組では・・・準備したメッセージを届ける。

来賓の皆様が口々に素晴らしい卒業式でしたとお褒めの言葉をいただきました。
卒業生だけじゃない。在校生も含めてみんながよかったから、こんなに素晴らしい卒業式ができたのです。
「ありがとう 緑中」

 

 

 

                 「 群 青 」

ああ あの街で生まれて 君と出会い      あれから 2年の日が 僕らの中で過ぎて
たくさんの想い抱いて             3月の風邪に吹かれ 君を今でも想う
一緒にときを過ごしたね            響けこの歌声
今 旅立つ日 見える景色は違っても      響け遠くまでも あの空の彼方へも
遠い場所で 君も同じ空            大切なすべてに届け
きっと見上げてるはず             涙のあとにも 見上げた夜空に
「またね」と手を振るけど           希望が光っているよ
明日も会えるのかな              僕らを待つ群青の街で
遠ざかる 君の笑顔 今でも忘れない      ああー
あの日見た夕陽 あの日見た花火 
いつでも君がいたね              きっと また会おう
当たり前が幸せと知った            あの街で会おう 僕らの約束は
自転車をこいで 君と行った海         消えはしない 群青の絆
鮮やかな記憶が           
目を閉じれば 群青に染まる          また会おう 群青の街で・・・

「群青」は東日本大震災で被災した福島県南相馬市立小高中学校平成24年度卒業生と音楽教諭の小田美樹によって作られた曲。