HOME > 学校の様子 > 「許さない心」道徳 2の1塚田T

学校の様子

「許さない心」道徳 2の1塚田T
2020年02月18日

 本年度4月に新採用として本校に赴任した塚田T。今日は道徳で提案授業を担任する2年1組で実施しました。
校内の新採用研修では、自分の専門教科のほかに学活や道徳の授業の提案授業を行い、授業力向上に努めます。

 
教材は「たばこを吸っている中学生に注意をしたことから・・・」 注意を素直に受け止めない人たちに、どうすれば・・・

 
塚田T、自分の過去の失敗談を話します。上手くいった話しより親近感が湧きます。 じっくり内容を読み込みます。

 
例えば君なら? 「私は・・・と思います」前で発表。     班で考えを出し合いました。

 
自分の考えだけでなく、いろんな人の意見を聞くと考えが深まります。

 
生徒の意見や考えを次々に引き出すことができていました。   ワークシートに自分の考えや思いを書き留めます。

 
最後は、読み物内容から自分たち自身の生活や2年1組の学級の課題について振り返りました。


 生徒(学級)の成長に驚きました。全員が課題を前向きに捉えて、自分の考えを述べ人の意見を聞く。そんな姿が見られたのは何よりでした。無関心を装う人がいるかと思ったら、それぞれの考えを自分の言葉で表現していました。

 40人近くの生徒が一年間同じ学級で生活するわけで、何もないはずなくていろんな問題が出てきます。その都度、生徒と担任と一緒になって解決していった一年だったと思います。そこに学級としての成長が見られたし、その経験は塚田Tの成長に繋がっているはずです。道徳の授業の様子から、2の1が成長したことが垣間見られました。

 明日は、1年4組で時松Tの道徳の提案授業です。