HOME > 学校の様子 > 入試前日指導・2年集会・1年いじめ予防教室

学校の様子

入試前日指導・2年集会・1年いじめ予防教室
2019年03月11日

8:30
明日からの公立高入試について最後の注意と確認を行いました。

 
入試に向けて校長から最後の激励              受験校別に分かれて注意事項の確認

4時間目 
2年生は学年集会。3年生が卒業していよい緑中の最上級生になるにあたっての心構えを作る大事な集会でした。

 
しっかりと全員の顔が上がり、真剣に聞けていました。     いよいよ自分たちが・・・・・

 
この一年で成長して欲しいところは・・・古賀T        生活面から・・・大江T

 
 学習面から・・・受験は・・・平野T            自分の中3を振り返って・・・失敗談も・・・牧T

今の2年生のいいところ・・・いっぱいあります。改善すべきところを意識できれば、もっといい学年になりますね。
みんな真剣に聞けていました。もう卒業まで360日。みんなで頑張ろう。

5時間目 
1年生は「弁護士(スクールロイヤー)によるいじめ予防教室」を開きました。松尾法律事務所の松尾康利弁護士から、いじめは絶対許されない人権侵害であること、加害者が賠償責任を問われる例など、法的な立場からのいじめ防止のお話をしていただきました。大分合同新聞、朝日新聞の取材が来ました。

 

  

 

 

 はじめは「刑事上の責任」「民事上の責任」など、3年生の公民で学習する言葉の説明からで少し戸惑ったようです。
具体的な事例からいじめを考えました。自分たちの何気ない行動や言葉が相手にとって嫌な思いをさせてしまうことがあります。いじめた方は「悪意はなかった」「そんなつもりではなかった」「あばれ半分」「冗談」等と言います。悪気がなければいじめにならない?決してそんなことはないですね。
いじめがない いじめを許さない 友だちを大事にする 人権感覚を身につけましょう。