HOME > 学校の様子 > 2017NHK全国学校音楽コンクール大分県コンクール

学校の様子

2017NHK全国学校音楽コンクール大分県コンクール
2017年08月03日

吹奏楽部がNHK全国学校音楽コンクール大分県コンクールに出場しました。

7月28日の県吹奏楽コンクールに出場して、引き続き今度は合唱コンクールです。本業の吹奏楽を練習しながら、合唱も少しずつ練習していました。

声で歌えなきゃ楽器で歌えるワケがない、ってことかな?歌で深い表現ができれば、楽器での表現も深くなれる、ということかな?
歌心は歌って育つもの。ハモる感覚や体に響かせる感覚がわかったり、表現の幅も広がりそうですね。
チャレンジ精神に拍手です。

 
演奏順はトップバッターです。             芸短大緑ヶ丘高の新見準平先生に指揮をお願いしました。

 
ステージはいいちこグランシアタ音の泉ホール       伴奏は課題曲・自由曲とも顧問の安田奈々T

 
課題曲は「願いごとの持ち腐れ」AKB48の曲
課題曲のねらいは、多くの中学生が自ら合唱に興味を持ち、歌いたいと思える曲をということ。

 
合唱曲になるとAKBの曲とは全く違う曲調になります。 合唱はいい!

 
真剣なまなざし 思いのこもった歌声に惹きつけられました。

 
自由曲は『混声のための合唱組曲「時の女神」からあなたへ・旅立ちに寄せるメッセージ』

 
 
大きな舞台でたくさんの観衆を前に、脚が震えるような思いをしたことでしょう。
そんな中、顔を上げ一点を見つめ歌うことに集中する姿がとても凜としていてかっこよく見えました。

すばらしい体験です。