HOME > 学校の様子 > 理科授業研究会(1の6川野T)

学校の様子

理科授業研究会(1の6川野T)
2019年01月24日

 5時間目に1の6で理科の授業研究会がありました。
県教委と市教委から二人の指導主事、市内の理科の先生たち全員が授業を見に来ました。
圧力について、特に水圧について実験を通して学習しました。目に見えない圧力をゴム膜のへこみ具合から考察しました。

 

 
水圧を感じてみました。                      「めあて」と「課題」を提示

 
川野T 教材研究、授業準備はバッチリです。         どうなるか?まず班で予想を立てました。

 
ゴム膜のへこみ方を予想して描いてみました。         班での話し合いがよくできていました。

 
班を回りながら                       先生方が各班のようすを見て回ります。

 
実験開始 水深によって筒についたゴム膜はどう変化するか?  目を皿のようにしてのぞき込んでいました。

 

 
班で協力しながら実験を進める様子が見られました。     実験から気づきやつぶやきが多く聞かれました。

 
筒の下からはより大きな圧力を受けていることが判明。

 
黒板に実験結果を書き込みます。               わかったことは?班での考察。
                              思い通りの実験結果や生徒の考察に川野Tうれしそうです。

 
みんなで実験結果を確認しました。              今日のまとめと振り返り

 生徒の学びの様子がよかった。みんなが課題を受け止めて、疑問を持って実験し、その結果から班で話し合い考察し、理解を深めることができました。
授業改善の視点から「主体的で、対話的で、深い学び」が求められています。まさにめざす授業の方向を示すことができました。

 この後、参加した教員たちで授業の振り返りや新学習指導要領を踏まえた理科の授業について話し合いがもたれました。