HOME > 学校の様子 > 第12回大分県中学校総合文化祭

学校の様子

第12回大分県中学校総合文化祭
2018年11月30日

 「未来につなげ!大分の文化を!~届け、みんなの想い~」の大会スローガンのもと、第12回大分県中学校総合文化祭が、中津文化会館で開催されました。
 市内の全中学校から集まりました。本校は1年生が参観しました。満員の文化会館のステージの上で様々な文化活動が披露されました。

 ステージでは、オープニングに大分県中学校合同合唱団、続いて豊陽中3年生による合唱、中津市中学校吹奏楽部の2年生合同演奏、ピアノ独奏、剣舞、城東中ダンスチームによるダンスパフォーマンス、英語弁論、少年の主張、そして最後に禅海太鼓「和」による太鼓の演奏と盛りだくさんのプログラムでした。また、小ホールでは市内中学校の美術部による作品展が開催されていました。本校から1,2年生23名の作品が展示されていました。

 
大会プログラム 表紙は本校の北野春菜さんの作品  開会式での表彰 大会スローガン最優秀賞は本校の草地佳穂さん

 
ポスター最優秀賞 本校の北野春菜さん             ポスター優秀賞 本校の安東未来さん

 
スローガン、ポスターの表彰                 市内2年生吹奏楽部による合同演奏 司会進行です。

     
65名による演奏は迫力がありました。それぞれの学校で日頃練習していますが、この日のために合同練習も重ねました。

 
ダンスチーム 動きが速くてぶれてしまいました。      禅海太鼓「和」によるパフォーマンス

  

 会場は中学生で満員でした。おとなしく静かに見られるかなぁと少し心配でしたが、ステージでの歌や演奏が始まると引き込まれていました。奥塚中津市長が見に来られて、中学生の文化の素晴らしさに感心されていました。時間が少し下がって帰るのが遅くなりましたが、同世代の優れた発表や演技に触れることができ、豊かな感性を磨く場となりました。