HOME > 学校の様子 > 第1回校内授業研究会

学校の様子

第1回校内授業研究会
2017年07月05日

午後から校内授業研究会を開きました。中津市教委の川口指導主事が参加され指導助言を頂きました。
本年度の研究テーマは『仲間とともに、学び合い、思考力・判断力を高めていく生徒の育成 ~「学び合い・認め合い」のある授業づくり~』です。
3年1組で市川Tが英語の授業を実施しました。

 
教室は生徒40人びっしりで、あふれた先生は廊下から見学  授業のはじめはちょっと英語トレーニング

 
市川Tが生徒を指名して、一緒に英会話         周囲の期待に応えて、英語で会話

 
今日のめあては「これまで学習した内容を生かしてインタビューの台本(英文)をつくろう」ということ
インタビューの相手は、大谷投手、金正恩、クリントン、ジャスティンビーバー、ドラえもんなど有名人10名

 
インタビューの質問と答えを辞書を片手に考えました。  どんな質問をするか?英文にするとどうなるか?

 
班で知恵を出し合って・・・。             「この表現でいいですか?」「これは・・・・・」って感じ

 
班からの質問に、市川T大忙し             参考に、一つの班ができあがった台本でインタビューを発表

 
                            最後に授業の振り返りをしました。

生徒全員が学びから逃げることなく、めあて(課題)を引き受けて学習に取り組む様子が見られました。なんと言っても班で学び合う様子がとてもよかった。いい雰囲気で授業が進められていました。授業とともに学級集団としてのまとまりやあたたかさを感じました。

授業後は、教員が頑張る番です。
今日の授業はどうだったのか? 図書室で研究討議です。

 
数人に別れて班での話し合い 授業での成果と課題、そして改善策などを出し合いながら・・・

 
生徒に負けないくらいに教員の話し合いも白熱しました。  意見や考えを付せんに書いてペタペタ

 
会の仕切り役は研究主任の中村T。進行は船蔵T。      班ごとに発表です。

川口指導主事から、今日の研究授業で見られた主体的・対話的で深い学びについてと、授業の「めあて」「課題」「まとめ」「振り返り」の設定の仕方や考え方についてとを説明して頂きました。